Lauv『26』を解説!彼を襲う精神病(インポスター症候群)とは?26歳でお金持ちになった彼が悩む精神状態とは?意味・背景・歌詞解説!!

こんにちは!from scratchです✈️

今回は、最注目アーティスト、Lauv(ラウブ)の
『26』について解説をしていきます!

 この記事では

・曲の内容
・『26』の意味
・歌詞に隠された秘密

について取り上げています。 


 

  Lauv(ラウブ)の新曲『26』について

2022年1月28日にリリースされた、Lavu(ラウブ)の新曲『26』

アルバム『All 4 Nothing』の一曲目としてリリースされました。

Youtubeでは、2月11日に公開されました。

この曲の制作には計4人のプロデューサーが関わっていて

・Simon Says(Lauvのソングライター)
・Ryan OG(映画「LALALAND」の曲を制作したシンガーソングライター)
・Digi
・John Cunningham

と、Lauv(ラウブ)の曲の中でもかなりの力作かなと思います。

そんな曲『26』ですが、一体どのような曲なのでしょうか?

 一体どんな曲?

この曲は、”26歳で大金持ちになってしまったが故の心の病み、また精神不安定に陥った彼の思い” を表している曲です。

歌詞の中には
「僕はやりたいことをし続け、結果、何曲かを大ヒットさせた。そのおかげで、26歳の若さで大金持ちになったけど、僕は自分自身の心に大きな穴を開けただけなんだ」

というような、ミュージシャンとしての成功とは裏腹に、若くしてお金を持ってしまったが故の悩み、心の病み、をこの曲『26』に秘めています。

サビの部分では、「常にお酒に酔っていたい、やめられないんだ」と、語っている部分があります。

この「やめられないんだ」という部分は、彼が使用しているDrug(薬)を意味していると思われます。

 
天パくん
こないだネットニュースで、年収660万円の人が一番幸福度が高いっていう記事を見た。

やっぱり、お金持ちになりすぎるって色々心が病んだりするのかな?

 『26』の意味とは?

26=26歳
 上記の説明で分かる通り、『26』という曲名は、彼の26歳を表しています。

たしか、テイラー・スフィフトの曲『22』も、自身の22歳の時の頃を描いている曲でしたよね。

このように、曲名が数字のみの場合、その当時の年齢の時に感じたことを歌っていることが多いみたいですね。

 Lauv『26』の歌詞を解説

ここからは、さらに『26』の理解を深めるために厳選した歌詞を解説していきます!!
歌詞の引用:Musixmatch – 26
引用URL:https://www.musixmatch.com/ja/lyrics/Lauv/26

[冒頭の歌詞]

Can I tell you a story
About a boy who broke his own heart?
And he always blamed everybody else
But the truth is that he did it to himself
Made a couple songs and they got big
[//省略///]

 『Made a couple songs and they got big』について

・a couple songs=いくつかの曲
・got big=大ヒットした

Lauv(ラウブ)は、数々のヒット曲を世に送り出している、ということを表しています。

この『Make a couple songs and…』は、彼自身の曲(例えば『Paris in Rain』『I’m So Tired』『I Like Me Better』など)を表して、その曲たちが「got big」したという意味になります。

[サビ前]

Ooh-ooh-ooh
Money buys you happiness
But, ooh-ooh-ooh
Doesn’t buy you time

[サビ]
The more that I get older
The less I wanna be sober
[///省略///]
But I wish that I was younger
Yeah, twenty-six and rich
How the hell did it come to this?

 『Doesn’t buy you time』について

「お金は幸せを買える、でも時間は変えない」ということを表しています。

Lauv(ラウブ)は、“やりたいことをするためにアーティストになったのに、有名になってしまい忙しくなったせいか、自分の時間がない” ということ思いが常にあるそうで、その思いを直接この歌詞に表したそうです。

またこの歌詞には、”お金を持ってしまったことで心が病んでいる、しかし、その心の病みを治療する時間すらない” という意味も込められているそうです。

 『Yeah, twenty-six and rich. How the hell did it come to this?』について

この『How the hell did it come to this?』の『it』は、彼が残した心の穴(精神状態が不安定な様子)を表しています。

つまり、「お金を手にしても、心の穴は埋まらないし、埋めることさえもできない、じゃぁお金持ちって何?」というような意味が込められています。

このような精神状態を綴った歌詞は、2020年にリリースされた『Billy』という曲にも込められています。

『Billy』の歌詞では

「Billy woke up in a Tesla at twenty-three. He didn’t think he earned the ride. Then Billy got down under pressure at twenty-four」と、
「高級車で目覚めた彼自身ですが、この高級車は自分の力で買ったものでない、ただ運が良かっただけだ、そうしてまた病み続ける」

というような意味を残しています。

これは、インポスター症候群というもので、自分の力を過剰に謙遜し、例え成功を収めたとしても「ただ運が良かっただけだ」と自分の力を認めないことによる精神状態のアンバランス性からくる病気です。

彼は2020年からこのインポスター症候群と闘っており、このような精神状態を歌詞に組み込め続けてきました。

 Lauv『26』まとめ

『26』は、”26歳で大金持ちになってしまったが故の心の病み,また精神不安定に陥った心情” を描いている曲でしたね。

『Make It Right』,『I Like Me Better』,『I’m So Tired』など、多くの名曲を生み出してきた彼は、ミュージシャンとしての成功は掴みましたが、成功によりお金持ちになってしまったが故の悩みが切実に描かれていました。

しかし、この曲をリリースするにあたって暗いコメントは一切残しておらず、インスタグラムでは『次のアルバムができたよ、28日に新しい最初の曲がリリースされる!『26』っていう曲なんだ、Lauvが帰ってきたぞ!!」とコメントしていて、彼自身、相当この曲『26』に期待、そしてリリースを楽しみにしている姿が伺えました。

皆さんどうでしたか?少しでも皆さんの疑問を無くし、『26』を詳しく伝えることができたなら幸いです。

最後まで見ていただき誠にありがとうございました!これからもよろしくお願いします!!


最後まで記事を読んでいただきありがとうございます💜
英語力up・英語資格取得・留学に関する質問などがあれば、InstagramのDMください!その日中に返信することができます💜
DMを送る👉Instagram(@yogaku_background) 

 
English Boot Camp
「2日間で喋れるを約束」7年間に渡り教室でのッスンを実施し、5000名以上が英語を喋れるを強く実感するプログラムを提供。「Zoom」を活用し、受講生1名に対し講師2名という、マンツーマン以上の講師比率!
こんな方におすすめ
・短期集中で英語を学びたい
・英会話をどこから始めていいかわからない
・他のプログラムを試したが、今一つ自信を持てない
すぐに英語を話したい方は
こちらをチェック!
>from scratch とは?

from scratch とは?

私たちは
イギリス・オーストラリア・マレーシアでの留学を計3年間経験した現役大学生です!

このサイトでは
・イギリス・オーストラリア留学の本音
・海外留学のメリットやデメリット
・3ヶ月で 英検準1級 を取得する方法
・短期間で IELTS6.5 以上取得する方法
・留学中に英語ペラペラになる方法
など

実体験を元に "リアルな情報" を記載しています。

また、このサイトでは
洋楽についての詳しい情報掲載しています!!

私たちも最初は英語が全くできず、中学生の時には成績5段階中2を取ることも...
しかし、高校生の時に初めて留学を経験し、現在では英語が自由自在に使えるようになりました。私たちは英語が苦手な人でも「簡単」に「効率よく」英語が学べる方法を伝授しています!!

CTR IMG